境界性パーソナリティ障害を描いた映画をご紹介~『17歳のカルテ』~

境界性パーソナリティ障害と映画

精神科病棟に居場所を見つけた少女

1999年のアメリカ映画『17歳のカルテ』。2000年に日本でも公開され、注目を集めました。主演は、『シザーハンズ』や『若草物語』でも好演し、絶大な人気を誇るウィノナ・ライダー。監督は、『コップランド』『君に逢いたくて』のジェームズ・マンゴールド。

舞台は1960年代のアメリカ。主人公スザンナは、ハイスクールを卒業する頃から、荒れた生活を送っていました。他の同窓生のように大学に進学するわけでもなく、適当な相手とセックスしたり、反社会的な行動を続ける日々。スザンナには、両親の態度は、無理解で偽善的なものにしか思えませんでした。

ある日、大量に薬物を服用して自殺未遂を起こし、スザンナは精神科病院に収容されます。そこで、はじめて「境界性パーソナリティ障害」と診断されます。その診断にも病院の雰囲気にも戸惑うスザンナ。不安定に気分が変わり、親身に世話をしてくれる看護スタッフを試すように性的に誘惑したり、真夜中に乱痴気騒ぎを起こしたりします。

スザンナは、次第に一人の少女に惹かれていきます。病棟のボス的存在であるリサです。精神疾患であることを誇るようなリサの態度に、スザンナは惹かれます。リサに惹かれたスザンナは、精神科病棟に自分の居場所を見つけます。

社外復帰を目指して退院していく少女

リサの存在によって精神科病棟に居場所を見つけたスザンナ。しかし、リサへの熱が冷める出来事が起こります。退院した患者の近親姦をリサが喝破したのです。その患者は、リサによって自殺に追い込まれてしまいます。

はじめて芽生えたリサの行動への疑問。それまで万能の人に接するように接してきたリサに、スザンナは疑問の目を向けるようになります。そのようなスザンナの態度は、リサの気持ちを苛立たせ、他の患者は全員リサに同調します。病棟で孤立するスザンナ。

スザンナは、リサや他の入院患者たちとの全面対決の中で、あることに気づきます。リサは精神科病院の中でしか生きられないのだということです。精神科病院の中にいるからこそ、リサは強気でいられるけれど、この中でしかリサは生きられない人なのだと思うようになります。

自分は社会復帰をしようと決意するスザンナ。映画は、スザンナが落ち着きを取り戻して退院するところで終わっています。

人生に帰る道を探した少女

マンゴールド監督は、スザンナを「人生に帰る道を探している少女」として描こうとしたと言います。境界性パーソナリティ障害は、「若者がかかる麻疹(はしか)のようなものでもある」と、精神科医の岡田尊司氏も述べています。

子ども時代に受けた心の傷が吹き出す思春期。ひとしきり激しく荒れ狂い、周囲をてこずらせて膿を出すと、段々と落ち着いてくることが多いと、岡田医師は言います。

精神科病棟で依存する対象としてリサを見つけ、リサへの依存を深めていったスザンナは、リサへの疑問ゆえに困難な状況に追い込まれます。リサに依存することも、他の誰かに依存することもできない状態に陥ったスザンナ。

自分だけの力で困難を乗り越えようとして、ようやく自分の人生に帰る道を見つけます。境界性パーソナリティ障害の症状と克服を描いたのが、『17歳のカルテ』です。

(執筆:木下書子, 監修:臨床心理士 鏡元)