毒親とは?4つの代表的な毒親のタイプをご紹介

毒親とは?4つの代表的な毒親のタイプをご紹介

毒親という言葉を耳にしたことのある方は少なくないでしょう。

日本では全体の1割から2割の方が毒親に育てられたと考えているとのこと。

そこで今回は、毒親についての情報をお届けします。

あわせて4つの代表的な毒親のタイプをご紹介!

ぜひ参考にしてください。

毒親とは

毒親とは「毒になる親」のこと。

アメリカの精神医学者であるスーザン・フォワード氏の著書『毒になる親』から生まれた俗語です。

毒親は虐待によって子どもを傷つけるだけではなく、子どもの将来に大きな影響を与えるといわれています。

虐待の内容は「肉体的な虐待」に限りません。

「精神的な虐待」や「性的な虐待」、「育児放棄や放置による虐待」など、さまざまな虐待が該当します。

虐待の内容によっては親や子どもに虐待の自覚がない場合も少なくありません。

そのため知らず知らずのうちに心に大きな傷を抱えてしまう可能性も否めないのです。

毒親のタイプ①肉体的な虐待をおこなう毒親

肉体的な虐待をおこなう毒親は珍しくありません。

教育やしつけを口実として肉体的な虐待をおこなう場合や親のわがままを押し付けるために肉体的な虐待をおこなう場合、親のストレス発散のために肉体的な虐待をおこなう場合など、さまざまな原因や理由が考えられます。

2002年にアメリカで約36,000人を対象に肉体的な虐待に関する調査(Gershoff ET,2002)がおこなわれ、肉体的な虐待は子どもに対してさまざまな悪影響を及ぼすことが判明しました。

肉体的な虐待を受けた子どもは、以下のような傾向がみられたそうです。

  • 一時的には親の命令に従う
  • 他人に対する攻撃性が高くなる
  • 反社会的な行動に走りやすくなる
  • 精神的な病にかかりやすくなる
  • 友達や恋人、両親など、身近な方に暴力をふるうようになる

肉体的な虐待を受けた子どもの場合、こちらの5点のような傾向がみられたことが判明しています。

肉体的な虐待は愛があったとしても子どもに対して大きな影響を与えてしまう傾向にあるのです。

毒親のタイプ②精神的な虐待をおこなう毒親

精神的な虐待をおこなう毒親は「誰のおかげで飯が食えてると思ってるんだ!」や「お前を産んだのは間違いだった!」など、残酷な言葉や暴力的な言葉によって子どもを深く傷つけます

精神的な虐待を受けた場合、自分になかなか自信を持てなくなってしまったり自尊心が低くなってしまったりする可能性があるそうです

親が教育やしつけの一環として精神的な虐待をおこなっている場合、親や子どもは虐待の自覚が薄れています。

そういった場合、無意識のうちに子どもに悪影響を及ぼしていることもあるでしょう。

精神的な虐待は肉体的な虐待以上に子どもに悪影響を及ぼす可能性も否めません

無意識のうちに子どもの心に深い傷ができないよう、注意が必要です。

毒親のタイプ③放置タイプ(ネグレクトタイプ)の毒親

放置タイプ(ネグレクトタイプ)の毒親は育児放棄や育児怠慢など、育児にかかわることを十分にせず、子どもに悪影響を及ぼしてしまいます。

放置タイプと呼ばれる毒親の具体的な例は以下の通りです。

  • 十分な食事を与えない
  • 学校に行かせない
  • 夏場や冬場に車内に子どもを放置する
  • 下着や衣服の洗濯をせず不衛生な状態にする

こちらの4点のようなことをおこなってしまう毒親が放置タイプと呼ばれています。

子どもたちは自分で自立して生きていく力を持ち合わせていません。

そのため親が衣食住のサポートをする必要があります。

サポートが十分にできていない場合、子どもの発育に大きな影響を及ぼしてしまうでしょう。

毒親のタイプ④過干渉タイプの毒親

子どもの行動をコントロールしようとする過干渉タイプの毒親も少なくないでしょう。

子どもに英才教育をすすめる親の場合、一歩間違えてしまうと過干渉タイプの毒親になってしまうといわれています。

子どもの人生や生活を深く考えているように見えるため、愛情深い親だと勘違いされることも少なくありません。

しかし知らず知らずのうちに子どもの発育に悪影響を及ぼす場合も考えられます。

過干渉タイプの毒親の場合、具体的には以下のような特徴があります。

  • 子どもがやりたいと思うことでも自分が望むことでなければさせない
  • 親に対する反抗を許さない
  • 子どもの失敗を過度に非難する
  • 子どもは一個人ではなく、自分の所有物と無意識に考えている

過干渉タイプの毒親に育てられた場合、人の目を過度に気にしてしまうこと、自尊心が低く自分を自分と思えなくなってしまうこと、失敗を過度に恐れてしまうこと、考えや感情の表現が苦手になってしまうことなど、人生や生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

まとめ

毒親についての情報をお届けしました。

あわせて4つの代表的な毒親のタイプもご紹介しています。

毒親のタイプによっては、親も子どもも自覚のない場合が少なくありません。

子どもも一人の人間として尊重していけるような世界を目指しましょう。

【関連リンク集】

画像のクリックでリンク先に移動いたします。

28万人以上が利用した毒親診断

ココオルの毒親専門Twitter

ココオル

 毒親/機能不全家族/アダルトチルドレンカテゴリの最新記事