機能不全家族の原因と子どもへの影響とは?

機能不全家族

機能不全家族とは

機能不全家族とは、一般的な家庭の機能が健全に働いていない家庭のことです。

具体的には、子育て、家族団らん、地域とのかかわりなどです。

家族内での対立」「身体的虐待」「性的虐待」などが、日常化している場合も少なくありません。

機能不全家族の中で育った子どもは、幼い頃から親からの愛を十分に感じられず、大人になってからでも自分の感情を表現するのが苦手だったり、アルコール依存症になってしまうケースも多いようです。

「アダルトチルドレン(AC)」という言葉は、機能不全家族内で育ち、心に傷を負い、それを癒すことなく大人になった方々のことを言います

機能不全家族を生み出す主要原因

機能不全家族とは、家族内で、以下のような行動が原因となっていることが多いです。

・アルコール依存症
・ギャンブル依存症
・薬物依存症
・自殺
・浮気
・離婚
・再婚

機能不全家族を生み出す原因は、これらの他にも様々なものがあります。両親のどちらかや両方の認知の歪みや精神疾患が背景にある場合も少なくありません。

子どもへの影響

機能不全家族という環境は子どもに対し様々な影響を及ぼすと言われています。

一般的には、以下のような傾向があります。

・親の望み通りの良い子どもを演じようとする
・親への反抗や、注目を得ようとし、わざと問題のある子どもを演じる
・家族内での対立がある際、緩衝材となろうと管理的役割を担おうとする
・傷つけられることへの恐怖から、自分が存在していないかのように演じる
・現実逃避のための行為がある

ありのままの自分で親に甘えることができなかったり、自分の感情を押し殺すことが多い機能不全家族内の子どもは、認知の歪みや精神疾患を持つ可能性が高くなってしまいます。

幼い頃に親から暴力を受けていた場合、自分も親になってから同じように子どもに暴力を振るってしまう場合がある、こういうことをお聞きになったこともあるのではないでしょうか。

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンとは「機能不全家族内で育ったことにより、成人したのちもトラウマや精神疾患を持つ人」のことを指します。

子ども達は、生活面で自立することが難しいため、機能不全家族という環境から逃げ出すことができません。結果、過剰なストレス環境の中で育つことにより、子ども自身も精神的に追い詰められてしまいます。

幼いころからの家庭内の命令やルールによって、他者からの評価にとても過敏になる、親密な人間関係をつくることが苦手、人間不信や自分の意見をうまく伝えられないなどの傾向が、成人した後も残ってしまうのがアダルトチルドレンです。

どのような場面でも、他者の顔色を伺い、自分の感情を押さえ込んでしまうのです。

このようになってしまうと、日々の生活の中でストレスを強く感じることになってしまい、アダルトチルドレンの方は精神疾患を持ってしまうことが多くなってしまうようです。

(執筆:Koh)

【あわせて読んでほしい記事】
子供の人生に悪い影響が!毒親の子どもの3つの影響
子どもにとっては虐待に!?『毒親』の3つのタイプ
ここが違う!毒親と良い親の3つの違い
毒親になりがちな人の3つのNG行動
毒親の代表格「モラ母」!?4つの特徴的な行動