全般性不安障害の人のブログ紹介~『全般性不安障害の治し方』~

全般性不安障害とブログ

偏りのない内容

30代後半の男性「さるっち」が管理人です。全般性不安障害になって回復のために実行した方法を紹介しているブログです。全般性不安障害のブログには、回復に向けた自分なりの試みを記してあるものが少なくありません。その中でもアクセス回数が非常に多いのが『全般性不安障害の治し方』です。

ブログといっても、毎日の出来事を記したものというのではなく、回復に至った「さるっち」が、自分の回復過程で経験した事柄をまとめて解説風に記したものです。そのため、記述は冷静です。かつての悩みを昇華した安定感が感じられます。不安障害の人が読んで安心できる文章です。

語り口が穏やかというのに加えて、内容面での偏りの無さも大きな特徴です。不安障害の人には、病院に通うことや薬を飲むことに対して大きな不安を感じる人が少なくありません。ことに薬への不安は強く、薬の副作用を書き連ねたブログが多いと言えます。そうしたブログを読んで「やっぱり薬はダメよね」と思う人も多いようです。

「さるっち」も薬は使っていませんが、薬への不安がかきたてられる状況を冷静に分析し、薬を使うことへの理解も示しています。不安を煽らない中立の立場で記されたブログに、「さるっち」の回復が感じられます。

当事者だからこそ分かる自己分析

全般性不安障害の人の思考パターンを詳しく解説してあるのが、「さるっち」のブログの大きな特徴です。思考の偏りに気づき、その偏りを修正していった経験が随所に光る分析です。全般性不安障害を発症した人が読むと、気づかなかった自分に出会えることでしょう。

不安障害で苦しんでいる人の多くは自分を抑えすぎているとの指摘は、ことに考えさせられるものです。自己抑制が習いとなっている全般性不安障害の人間にとって、自分が我慢しているという自覚は持ちにくいものだからです。指摘されると、思い当たる人は少なくないでしょう。自分の意見を伝えることで相手が楽になることも多いというアドバイスは、新鮮な驚きに感じられるのではないでしょうか。

「さるっち」は、ブログの中で繰り返し自己軽視していないか、自己否定していないかを問うています。自分を大切にすることの難しさに悩む全般性不安障害の人に寄り添うブログです。

一緒に良くなろう!

ブログの最初に記されている「アナタは一人ではありません」という一文。優しい笑顔を浮かべた老若男女の人形が並びます。和やかな気持ちになれる人形たちの笑顔です。ブログにはたくさんのイラストも入っています。柔らかな印象の絵に心が和みます。一緒に良くなろうというメッセージが自ずと伝わってくる工夫があちこちになされているブログです。

全般性不安障害の人は、将来への不安を常に抱いています。「もう良くはならないのではないか?」という不安に苛まれています。回復した人の姿は、今もなお全般性不安障害の闇の中にもがいている人にとって嬉しい光です。全般性不安障害の患者は、同じ病気を克服した人の言葉を求めています。「さるっち」のブログには、今もなお病気に悩む全般性不安障害の人への温かいエールが溢れています。

(執筆:木下書子)