心を穏やかに保つ5つのストレス解消方法

ストレス解消法

日々のストレスで心も体も疲れているアナタ。いつでもリラックスして心を穏やかに保つことができれば、日々のストレスはそこまで大きく感じないはずです。

今日は心を穏やかに保つ5つの方法をご紹介します。イライラしているとき、ストレスで気分が沈みがちなとき、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.深呼吸をする

よく言われることなので、なんだそんなことかと思いがちですが、深呼吸には大きなリラックス効果があります。ポイントはゆっくりと肺の奥まで空気をいっぱいにすることを意識して息を吸い込み、そのあと細く長く息を吐き出します。

体の中の悪い気やストレスも一緒に外に出ていくイメージをするとより効果的ですよ。

2.グラウンディングをする

グラウンディングとは、その場にいる自分に意識をしっかり向けることです。今ここにいる自分をしっかりと認識し、どこに立っているか(または座っている)か、地球の上のどこかに存在している自分を意識します。

ストレスの対象に意識がいきがちですが、自分に意識をもどすことで心が落ち着きます。

3. 温かい飲み物をゆっくり飲む

状況が許せば、自分の好きな温かい飲み物をゆっくりと飲みます。この時も何を飲んでいるのか、どんな味でどのようにノドを通って身体の中に入っていくのかしっかり意識しましょう。

4. 心の中で大丈夫と唱える

どんな状況でも、すぐに命の危険に晒されることはまずないものです。仕事のプレッシャーや人間関係のストレスですぐに死ぬことはありません。どうってことないと自分に言い聞かせてみます。実際、失敗しても取り返しがつくことが多いです。

5.状況を客観的に捉える

ストレス状態にあると、そのことに考えが執着して、失敗イコール世界の終わりくらいの感覚で捉えてしまいますが、ちょっと客観的になってみてください。この地球の70億の人間の中の一人としての自分、そしてこの宇宙の中での自分の大きさ、そこまで考えるとそのストレスはどれくらいの大きさでしょうか。

ももちろん、学校に行けないこと、仕事が辛いこと、子どもであれ大人であれ、それぞれの事情と環境で苦しんでいる事実はあると思います。自分にとってはすごく大切なこと、辛いこと、苦しいことはあると思います。そのこと自体を否定する必要はありません。ただ、周りの人から責められること、人の目を気にすること、誰かの言葉を真に受けること、これらばかりですと、自分を追い詰めてしまうだけで、決して人生が幸せにはなりません。なのでほんの少しでも、この地球上にいる人のこと、地球の歴史、宇宙など、普段生きているとあまり考えないようなことをぜひネットで検索してみると気分転換もできるかもしれません。ぜひたまにはスマホで、『宇宙』、『地球』とか検索してみてくださいね。

いかがでしたか。時間のないときでも比較的簡単に心を落ち着ける方法です。オフィスの空いた時間や自宅での家事の合間に簡単にできるので、オススメです。心を落ち着けると、意外にいろいろなことがクリアに見えて解決策が生まれてきたりするものです。

毎日を穏やかに幸せに暮らしていけるよう自分にあったリラックス方法を探してみるといいですね。

(執筆:中澤りえ, 監修:臨床心理士 鏡元)