ほんとにネガティブ思考は良くないの? ポジティブ思考との違い

ネガティブ思考とポジティブ思考

ポジティブ思考、ネガティブ思考とはよく使われる言葉ですが、あなたはどっち?

●何が違う?ポジティブ思考とネガティブ思考

基本的にポジティブ思考な人は何事にも意欲を持ってのぞむことができます。大きなプレッシャーのかかる仕事でもやりがいのあるものと捉え、自信をもって取り組みます。失敗したとしても、くよくよせず、なぜ失敗したかを分析し、同じ失敗をしないように努力します。そしてもっと大きな課題に取り組んでいく。と、どんどんステップアップしていきます。要するに前向きな姿勢です。

逆にネガティブ思考な人は何事にも恐れを抱きます。まず、こんな責任のある仕事ができるかなと不安を持ち、それを思い悩むあげく自分にはできるはずはないと決めてかかります。その結果、やはりうまくいかないことが多くなってきます。失敗を恐れ、挑戦しないというのもネガティブ思考の人には多い傾向です。また、挑戦したとしても「どうせうまくできっこない」「きっと失敗する」とマイナスの自己暗示を常にかけ続けているため、やはり結果はうまくいかないことが多くなってしまうのです。どちらかといえば、後ろ向きな姿勢と言えるでしょう。

●ネガティブな考え方が悪いわけではない

こういう風に書くとポジティブがよくて、ネガティブが悪いということになってしまいますが、もちろんそうではありません。ポジティブは楽観的すぎて注意が足りないということもあるでしょうし、ネガティブは不安で心配症なため、事前の準備をしっかりとするといういい面もあります。

しかし、人生においてやはりどちらがストレスを感じにくいかといえば、前者です。ですから、もし自分がネガティブ思考派だと思うのであれば、なるべくそこを直す努力をしてみても良いかもしれません。

●考え方は変えることができる

性格とは生まれ持った部分が大きいですが、考え方のくせについては意識すれば直すことができます。すぐに「どうせ自分なんて」という考え方をする人は、「どうせ・・」と考え始めたら、ああまた、いつものネガティブな考え方に陥っているなと意識することです。そこで、その考え方をストップする。自信がないのは考えすぎるからです。

なるべく客観的に「誰でもうまくいかないこともある」「失敗してもやり直せばいい」といった客観論にすり替えてみます。自分の人格を攻撃することなく、事実を淡々と見つめ、努力を怠らないことが大事。また、まじめに考えすぎず、「まあ、いいか」と思える余裕を持つことも大事です。他人からどのようにみられるかを気にしすぎて、ぐるぐるすることに意味はありません。

自分の人生の主役は自分なのですから、自分に恥ずかしくない生き方をすればいいのです。他人の評価に振り回されず、自分は自分と割り切る強さも必要です。

(執筆:中澤りえ, 監修:臨床心理士 鏡元)

【関連記事】
ストレスは万病のもと 特に家庭内のストレスは危険信号!
今日からイライラしないお母さんになる!心の強い子の育て方。
ひとり泣きでスッキリ!新感覚ストレス解消の「涙活」とは?
知らなかった!アロマが直接あたえる脳への影響
どれだけ寝ても疲れが取れない人の特徴
免疫力まで低下してしまう!睡眠不足の恐るべき3つの影響